カードローンの種類

カードローンの種類には、担保が必要ない無担保型カードローンと、不動産などの担保を有する有担保ローンがあります。また、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの4種類が大別してあります。詳細にいうと、銀行系の中に無担保カードローンと有担保カードローンがあり、消費者金融系カードローンの中に無担保カードローンと有担保カードローンがあると、思ってください。
最初に、無担保カードローンから書いていきます。無担保カードローンとは字のごとく、担保を持たないでお金を貸しますと言う意味と思ってください。こんな書き方するとそんなうまいことしてくれるのって思う方もいるとは思います。では、なぜこのようなサービスがあるかと言うと答えを言います。答えは簡単、借入する本人の信用度などの調査と借入金利が高くなるからです。高いと言っても18%が最大です。18%は高いか安いかと言うと10万円を借りた時に1日当たり、49円です。この金額が高いか安いかは、借入する方の判断です。
次に有担保ローンは、不動産などの価値がある物を担保にお金を借りるわけですが、こちらも金利がかかります。もちろん、有担保にして金利が18%もしている会社は無いとは思います。担保がある分金利は低くなっています。
銀行系カードローンの特徴は、まず出てくるのは、金利が安いことです。金利が安い所では、探せば最低で3%代も所も出てきます。3%と言うと住宅ローンのちょっと高い金利思っていただければ大丈夫です。住宅ローンのしている人かすれば、担保がある人と無い人で金利が同じというはずるいと思う方もいるとは思いますが、そのようは金利までなっているということです。
消費者金融はどうかというと、金利はやや高めに設定されています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ