カードローン審査にあたり個人の信用情報は1元管理されている

カードローンを申し込むにあたり、カードローンの運営元の金融機関が私たちの信用力を判断する時に材料にしているものが過去の金融取引の履歴になります。
過去の金融取引の履歴は専門の管理会社が一括で管理をしています。
一般的に「個人信用情報機関」と呼ばれているところで管理されています。
銀行系やクレジット系のそれぞれの会社によりいくつかにわかれてはいますがそれぞれ連携しているので、各会社で同じ情報を共有していると考えられます。
ですので過去の支払い遅延や多重債務などがあった場合、それらはすべて把握されてしまうと考えた方が良いでしょう。
個人の金融取引情報は筒抜けであると考えておいてください。
ですのでなるべく支払い遅延や多重債務などを行わずにクリーンな履歴にしておくことがカードローンをさらに借りるためのコツになります
しかし普通に利用している限り信用力が落ちることはないので、
無理な利用をせず、計画的に利用すれば特に問題はないと考えることができるでしょう。
うまく使えば非常に便利ですので、カードローンやキャッシングなどは計画的に使っていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ